• ホーム » こだわり

    こだわり

    五島の鯛で出汁をとった
    なんにでもあうカレー

    五島の新鮮な鯛の出汁でカレーを作りました。
    26年間カレーを研究してきた料理人が考案したレシピが、新鮮な鯛からとった出汁を使うことにより深みのある味わいを生み出しました。
    最先端の機械を導入し保存料・着色料不使用でおいしさを保ち、皆さんのもとへ商品をお届けします。

    ごと焼き ごと芋

    「ごと芋」は、選び抜かれた特別な五島産の芋で作った焼き芋です。
    長崎五島・福江島の火山灰質の土地にこだわり、農薬・化学肥料などの一切使用せずに芋作りのプロが真心込めて育てていて、一定数しか作ることができません。長崎五島ごと独自の製法により、平均糖度36.4度を誇る黄金食に輝く奇跡の焼き芋が生まれます。

    ごとのかんころ餅

    長崎五島の郷土菓子「かんころ餅」。 農薬不使用の「ごと芋」と五島で育ったもち米を使い、 地元の食材にこだわった一品です。
    もっちりとした食感と優しいかんころの味わいをお楽しみいただけます。

    ごあいさつ

    わたしたちは「五島から、おいしさを届けたい」をスローガンに、地方から日本を元気にする企業の代表として、長崎五島発のおいしい「食」でひとりでも多くの人を幸せにすることを目指しています。
    ご承知のとおり、日本ではかつてないスピードで少子高齢化が進んでおり、それに伴う人口の自然減が始まっています。特に地方では、大都市圏への人口流出に伴う人口の社会減も大きな問題となり、約900の市区町村が消滅可能自治体として挙げられています。「地方創生」という掛け声のもと、国や各地方自治体も様々な取組を行っていますが、なかなか大きな成功パターンは見えてきません。
    長崎県五島市は特に離島ということもあり、進学や就職等で島を離れざるをえない若者も多く、他の自治体以上に人口減のスピードは増しています。
    そのような状況の中、上述のスローガンには、次のような想いをこめています。わたしたちがつくる「食」のおいしさを通して長崎五島の魅力を日本全国の皆さまに知っていただき、まずは五島への興味を持っていただきたい。そして五島への観光や移住者の増加につながってほしい。さらにはわたしたちが地方から日本を元気にする企業の代表モデルとなり、地方の民間企業からも「地方創生」が可能なのだと多くの方に知っていただきたい。
    スローガンに込めたそれらの思いをかなえるべく、従業員一同、全力で邁進してまいります。
    私の出身は神戸で、社会人生活は東京と、もともと五島と縁がある人間ではありませんでした。現在、五島に住んで2年ほど経ち、島が持つ可能性を実感しています。もちろん離島ならではのハンデを感じることもありますが、それ以上の魅力が長崎五島にはあるのです。おいしい食材、豊かな自然、温かい人々、教会など多くの歴史建造物、日本一美しい海、満点の星空、沈まない夕日。
    たくさんの可能性を活かしながら、五島だからこそできることにチャレンジしてまいります。
    どうぞ皆さまのご支援とご指導のほど、よろしくお願いいたします。

    ごと株式会社
    代表取締役社長 木下秀鷹